So-net無料ブログ作成

「文学界」に掲載された村上春樹の新作とは [ニュース]


文芸雑誌「文学(學)界」に掲載された
村上春樹さんの新作。
短編の3作が掲載されたのですが
どのような内容なのでしょうか。


◆村上春樹の短編新作

文学界に掲載された新作は
「石のまくらに」「クリーム」
「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」
以上の3作品。いずれも短編小説となっています。


どれも非常に短い作品ですが
村上春樹節が効きまくった存在感抜群の
短編集になっています。

どの新作でも言えるのが主人公は「ぼく」。
これは著者本人を表わしていると
考えられ、村上さんの若い時代の
回想ともとれます。


<スポンサーリンク>








◆村上春樹とノーベル文学賞

村上春樹さんは毎年のように
ノーベル文学賞候補として名前があがりますが
いまのところ受賞には至っていません。

発表前のブックメーカーが行っている
「受賞確率」などの試算には実は
ノーベル賞関係者は一切関与していないので
実際の選考内容はまるでちがうルートを
たどっていてもおかしくないのが実情です。

また2018年のノーベル文学賞の
発表はなんと見送りとなり、
来年の2019年に2年分をは発表することになり
世間がざわつきました。



村上さんのノーベル賞に関していえば、
そもそもノーベル賞は社会的、歴史的に
プラスの面で大きな影響を与えた何かを
表彰するといった面があります。

これは実はエンタメ関連とは相性の良くない
ことのように思えます。

小説をエンタメというと誰かに
怒られそうですが・・・^^;



「世界中で面白いとされている」というのは
ノーベル賞受賞の理由としてはどこか
ちがうのかな、と思うのです。

例えば2016年のボブ・ディラン氏の
授賞理由として
「アメリカの伝統的な歌と詩に新たな
 息吹を吹き込んだ」(要約)
とあります。

これは単に「良い歌」以上の
何かを背負っているということが
わかります。

もちろん村上さんの小説でもそれが
行われているとは思うのですが、
ノーベル賞受賞が、一概にファンの多い作品
から選ばれるわけではないということが
わかります。

選考理由はかなり複雑だと思っていた
ほうが気が楽かと思います^^;



もしかしたら来年の受賞者の中に
村上春樹の名があるかもしれません。
すべては選考委員しだい。

賞とは結局そういうものですので、
受賞していないからといって
村上春樹の作品が劣っているなどと
いうことは決してないので
お祭り程度に考えておくとよろしいかと^^


<関連記事>
→村上春樹「海辺のカフカ」その他名言集





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...